まとめローンを上手に利用

まとめローンの様々なメリット

一万円札

まとめローンとは、その言葉の通りに複数の融資会社から借りているローンを1つの融資会社のローンにまとめることです。

まとめローンとして利用するのに適した金融商品を販売している金融会社は多くあります。 まとめローンを利用することによるメリットをここで挙げておきます。

まず、1つ目は債務残高の把握が容易になるという事です。 複数の会社に借金があると、債務残高の合計が幾らなのかを把握するのも大変です。

2つ目は返済が楽になるという事です。 複数の借入れ会社に月1回ペースで支払っていたとすると、借入れ会社の数だけ毎月返済をしなければなりません。 返済期日も異なるでしょうし、返済の約定金額も異なるはずです。 すると返済の管理がとても煩雑になるため、返済期日をうっかり忘れてしまったり、支払う金額を誤ってしまうという事が起こりやすくなります。

3つ目は支払い手数料の軽減です。 他の銀行への振込みは一般的には振込み手数料が掛かります。 複数の会社から借りていたら、返済のための振込手数料も決して馬鹿にできない金額となってしまいます。 1社にまとめることで、返済のために振込手数料が掛かるのは毎月1回だけで済みます。

デメリット

良いことづくめの様な印象があるまとめローンですが、実は落とし穴と言うべきデメリットもあります。

このデメリットを知らなかったばかりに、損をしてしまう事があります。 ここで、まとめローンのデメリットについてしっかりと勉強をしておきましょう。

1つ目は、まとめローンの審査は厳しいという事です。 今まで複数の融資会社から金銭を借りていたという事は、よっぽどお金に困っていたと言えます。

複数の会社に予定通りに遅滞なく返済をしていればよいのですが、もし、返済が遅れたなどの事故を起こしていたら、まとめローンの審査にパスすのは無理かもしれません。 金融事故情報は信用情報機関に登録をされます。

まとめローンの審査の時は信用情報機関の情報にアクセスしますので、過去に金融事故を起こしていたらばれます。 すると、まとめローンを提供している融資会社には、多重債務者で返済能力の無い人と判断をされてしまい、融資審査の結果は不合格となってしまいます。

2つめは、貸付金利が低くない場合があるという事です。 一般的に、融資会社は返済能力の高い人には、低金利で貸し付けをし、返済能力の低い人には高い金利で貸し付けをします。 この様な金利幅があるのは、貸し倒れの発生率を考慮しているからです。

一般的にまとめローンを利用するような人は、複数の会社から借り入れをしていたわけですから返済能力は高くないと判断をされます。 その結果、まとめローンの貸付金利が高くなってしまう場合があります。 折角、ローンをまとめたのに借り換え前のローンより金利が高くなってしまっては、支払い負担が減るどころか増えてしまう可能性さえあります。

まとめローンを利用する場合は事前に、その金融機関の担当者と相談をして、自分が仮にまとめローンを利用した場合、幾らの貸付金利でお金を借りることができるかを聞いておきましょう。 そうすれば、まとめローン利用前後の金利負担がどの様に変わるのかを把握することができます。

借金のお金を返せない
多額の借金があり、そのお金を返せないのなら、早急に債務整理をすることを考えましょう。

(経済/政治)
米高速鉄道建設 JR東海 現地法人が技術支援契約
主な機械メーカーの8月受注額 3か月ぶりの減少
日清製粉 業務用の小麦粉 値下げへ
NYダウ 原油先物価格の上昇で値上がり
出光興産と昭和シェル石油 統合延期へ
円相場いくぶん値上がり 米の景気先行きに警戒感
上半期の企業年金の運用利回り 円高影響でマイナスの水準
経産省 送電線の周りを覆う樹脂が燃えたか