借金返済を計画的に行う方法

借金を返済するためには返済計画を考えるところからスタートです!

借金返済の為の知識を身に付けよう

お金

借金の返済、実際に借金のある人にとってみれば憂鬱な気分になってしまいますが、どうせ返済しなければなりませんので、気持ちを引き締めて、なんとしてでも借金の完済を達成するという気持ちを持ってはいかがでしょう。

しかし、気持ちだけで借金を完済できるほど甘いものではなく、借金の返済には色々な知識や方法が必要です。 知識や効率的な借金返済方法があることによって、返済額そのものが減少することも多々ありますので、それを知らないで闇雲に返済を続けるのは避けたいものです。

こちらのサイトは、そんな借金を返済する人のための豆知識を紹介しているサイトで、それぞれがおかれている状況や段階に応じて、どのような対処をしていけばよいのかがわかります。

返済計画を立てよう

借金返済のスケジュール

まず、借金の返済に重要なのは計画で、借金返済を第一に考えて、可能な限りのお金を返済に充てる方法を採るようにしましょう。 すでに返済を始めている人で、複数社のローンを利用しているというのならば、おまとめローンという手段の方法も残されていて、場合によっては返済を強力にサポートしてくれることもありますので、上手に使っていきたいものです。

さらに、借金を支払うならば無駄なお金は一切払わないという確固たる意思も必要で、金利の最適化はもちろん、過払い金などについても当てはまるでしょう。 そして、万が一支払いが難しいということになった場合は、住宅を手放したり、任意整理をしたり、自己破産をしたりといった状況になりますが、この際にも手に入れておきたい知識はたくさんあるので参考にしてみてください。

借金返済が困難な状況になっている場合は、なぜそのような状況となったのかを考えてみることも必要です。 収入が少ないのに消費癖がついていたり、ギャンブル症で賭け事にお金をつぎ込んでいるなら早急に改める必要があります。 そうしないと、借金は減る所か増えていく一方となってしまいます。 また、借り入れをした後に失業をしたという方も中にはおられるでしょう。 その際も、無理な借入となっていなかったかを振り返ってみる必要があります。

最後に、色々な問題によって借金を抱えてしまった人達の借金返済方法をケーススタディとして取り上げることによって、より具体的な対応を模索していくコンテンツも用意しています。

過払いの請求、自己破産、任意売却など様々なケースを用意してみましたので、それぞれの状況に合わせて詳細ページにて確認してみてはいかがでしょうか。 自分に向いた借金返済方法を実施することで、短期かつ少ない支払総額で完済することが可能となります。 最適な借金返済方法はその人の借り入れ状況によって異なりますので、まずは自分にあった返済方法は何かを考えてみましょう。 返済方法を改善することで、完済までの時間短縮かつ支払総額の削減を実現できます。

借金返済をしている間は、憂鬱な気分となってしまう事が多いと思いますが、完済すれば経済的負担がぐんと軽くなるので明るい気分で毎日を過ごすことができる事でしょう。 こちらのサイトの情報が皆さんの借金返済に役立つことを願っております。

消費者金融へ短期で返済

昔から勉強が大好きだった愛娘には、高校卒業後は就職して自立するようにと常々言っていました。 彼女も頭がいいので、私の伝えたいことの本当の意味を理解してくれていたようです。 何を隠そう、我が家は親戚の家に居候するほど生活に困窮していたのです。 ですから、少しでも親戚の負担を軽減させなければならないと思い、娘には働いてもらうしか無かったのです。

娘が大学進学を希望していることを知ったのは、高校の先生から電話があったときのことでした。 いつも成績は学年トップクラスで、リーダーシップがあって生徒会役員を務めている娘は、担任の先生に向けて大学進学の意思を固めていたということを伝えられたのです。 それを聞いた私は、娘を大学進学させる余裕はないと言い放ちました。 ところが、先生は引き下がりません。

どうしても大学進学させなければ、娘の才能が勿体無いと言うのです。 仕方なく、私は仕事を増やして収入アップを図りました。 大学の入学金だけは、何としてでも貯めておかなければならなかったからです。 学費については、親戚中から集めれば何とかなると思いました。

娘が受けた模試ではいつもA判定の評価をいただいていたとき、私は焦っていました。 入学金に相当するお金が、あと9万円足りなかったからです。 稼いだお金は生活費で飛んでいくので、仕方なく残りのお金は消費者金融から借金をして借り入れることになりました。 借入限度額10万円の中から9万円を借りられる準備を整えたあと、娘が大学に合格したので融資を受けることになりました。 借金返済は短期で終えたいと思っていたので、3ヶ月ほどで完済をしました。 [追記]

キャッシングでの借金

何となく体調がおかしいと思うことが続いていましたが、仕事を休めないのでずっと働き続けていた時期がありました。 主に下腹部に強い痛みを覚えるような感じで、しかし我慢すれば何とか仕事は出来る程度でした。 会社でも辛い顔を見せるようなことにはならず、誰も私の体調不良を察することはありませんでした。 ある日のこと、いつものように仕事に励んでいると私の人生の中でも大変なことが起こりました。

会議中の事になりますが、急にお腹に耐えられないような痛みを感じて椅子から転げ落ちてしまったのです。 心配した同僚が病院に連れて行ってくれ、そこで明らかになった驚愕の事実がありました。 それは、私に子宮筋腫と見られるものがあったということです。 これにはびっくり仰天で、どうして体調管理に気を使っている私に子宮筋腫があるのかと甚だ疑問でした。

しかしながら、起こってしまった現実を受け入れなければなりませんでした。 一刻も早く手術を受けなければ、将来的に子どもを産めない体になってしまう可能性があると説明されました。 恐る恐る私が手術費用について質問してみると、15万円が必要であると断言されました。 当時の私の貯金額といえば、およそ10万円ほどでした。

5万円を用意できるあてもなく、キャッシングで借金をしました。 手術は無事に成功して、借金の返済については4ヶ月をかけて完済することができました。 借金は怖いという印象がありますが、万が一の時には借金は役に立つと思いました。 [追記]

自分が同じ立場なら自己破産を選んでたかも

以前、親戚とお酒を飲む機会があり、その時にアルコールの勢いもあり、色々喋ったのですが、借金の時の苦労話をしてくれました。

親戚の方は働き盛り世代で両親は定年退職をし、趣味に没頭してたのですが、お父さんが心筋梗塞で倒れ、長期入院することになり、入院費などを払う為に借金をしたとのことです。

当初は両親の貯金を切り崩してたのですが、それでも足りず、自分達の貯金で入院費や治療費を払っていたのですが、それも底をつき仕方なく消費者金融から借金でお金を借りることになったみたいです。

懸命な治療と本人の頑張りもあり、無事に退院したのですが返済しなければならない借金の総額は500万越えをしていました。 お父さんに心配をかける訳にはいかないので借金返済をしてる事は秘密にしてたとのことです。

早く返済をする為にいろいろ苦労したみたいです。 例えば、旦那さんは今まで月2万円の小遣いを貰ってたのですが、それを5千円にしたそうです。 今まで昼はコンビニ弁当を食べてたのを、手作り弁当…しかも海苔弁で具は野菜炒めのみという質素な物になっていたそうです。

旦那さんにだけ負担をかけるわけにはいかないと、専業主婦だった奥さんは得意なタイピングを活かし、内職でデータ入力を始め、2年をかけて借金返済をすることに成功したそうです。

しかし悪いことばかりではなく、コンビニ弁当から手作り弁当…しかもカロリーが抑えられた物なので体重が80㎏から60㎏に落ち、メタボから脱却できたので、その点は良かったかなーと笑いながら話してくれました。 大変だった思い出なのに最後にオチをつけられるくらいハートが強かったのも、借金返済の途中で心が折れなかった要因なのかなと感じましたね。 [追記]

借金返済のため、節約生活

私は以前、自営業をしていまして、借金の返済をしています。 最初は銀行のカードローンでした。

その当時は、お金に困ってはいなかったのですが、銀行員に勧められて、カードローンを利用することにしました。 会社員のころでしたので、毎月の収入は安定しています。

カードローンを使用したのは、車の車検のときでした。 通帳にも貯金がなく、借金をして車検代を支払うのはどうかなと思いましたが、カードローンで借り入れをして車検代を支払いました。

車検代に利用したのをきっかけに、事あるごとに借り入れをしてしまいます。 借金はカードローンの限度額まで到達をしてしまいました。

それから、自営業でお店を開業しました。 開業資金は、退職した会社の退職金を利用しましたが、運転資金と生活費はないので、銀行に融資の相談に行きました。 すでにカードローンを利用しているため、新しく融資をしてもらうことができませんでした。

お金の工面をどうしようか悩みました。 消費者金融の無人契約機コーナーに借金をするために行くことにしました。 即日融資が出来ますとの情報を得たので、行くことにしました。

必要な書類は運転免許証でしたので、簡単に契約が出来たと思います。 契約後、その日の夜のうちに再び無人契約機に行きまして、限度額まで借金をしました。

借り入れをすることが出来たのはいいのですが、借金が増えてしまいました。 翌月からは支払いをしていかなければなりません。 利息分もありますので、借金の返済は大変になります。 現在は借金返済を優先させるべく、節約をして生活をしています。 [追記]

借金を繰り返した挙句に転職

友人の話になりますが借金を繰り返した挙げ具に、返済できなくなりお給料の良い仕事に転職したと聞き驚きました。 年上の方なんですが普段は優しく人気者、ファッションも抜かりなく素敵な人でした。 お洒落な人らしく洋服屋で働き、いつも服装が違うような感じだったんですが、ある日その服屋で見かけなくなり転職したことを知りました。 転職した理由は消費者金融や友人から借金したお金の返済が洋服屋では追いつかず、給料の高めの仕事に変えたようです。

借金の原因はパチンコと飲み代です。 特にパチンコにハマり平日休みのため、休みの日は朝から晩までパチンコ屋さんに入り浸っていたようです。 当時のパチンコは波が荒く、勝てばとんでもない金額が手に入ったようで、夢をみてハマったようです。 パチンコに勝った日は好きなものを買い大盤振る舞い、負けた日は明日こそは倍取り返してやると思っていたようです。

次第にお給料内では遊び足りず消費者金融からお金を借金してまで、遊ぶようになり家族からも借りていたようです。 消費者金融から借金をするということは、必ず返済をしないといけない日がやってきます。 その借金返済がお給料では足りなくなり、違う消費者金融から借り、その返済も足りないからまた違う消費者金融からという事をしていました。 その結果、借金返済すべき総額は雪だるま方式に膨れ上がり、結果大好きな仕事を手放すことになりました。

最初はパチンコでお金を取り返せたのかもしれませんが、そんな日は長くは続きませんので間違いなくパチンコはお勧めできません。 生活を節約して、消費者金融から借金してお金を借りることはしてはいけないと思います。 [追記]

趣味に散財した結果、離婚、多重債務で後悔

私の趣味は自転車、いわゆるロードバイクですが、凝り始めるとかなりお金がかかります。 上限はないんじゃないかと思うぐらいで、100万円を超えるものもざらにあります。 フレームだけで何十万もするんですよね。 でもいいものだからと無駄遣いしているつもりはなかったのですが、何度話しても妻には理解してもらえません。

家族にはお金を使ってくれないのに、自転車に関するものならいとも簡単に支払うのが気に食わないのだそうです。 それに子供もこれから大きくなるし、教育費も貯めていかなければならないとしつこく言われました。 結局いつもお金のことが原因でケンカが絶えませんでした。 ついに離婚しましたが簡単な財産分与のみで済みました。

これからはまた独身生活が味わえる、好きなだけ趣味に使えると思いせいせいしてたのです。 しかし今まで妻に家計のやり繰りを任せていてノータッチだったので、借金返済についてはあまり深く考えていませんでした。 妻子が家から出ていっても、私の散財の仕方は収入に見合わないものだったようです。 自炊もせず外食三昧、そして趣味の自転車に無計画にお金をつぎ込んでいたものですから、借金返済が回らなくなりました。

これまでは妻の収入で家計が持っていたのだと、借金返済を自分でやってみて気付いたのです。 どうしても借金の返済ができなくなったので泣く泣く数台ある自転車を処分し、1台だけ残しました。 これで債務額はかなり減ったのですが、借金の返済をしながら大切なものはなんだったのだろうと自問自答する毎日です。 [追記]

連帯保証人の安請け合いで多額の借金を背負う

私は自分の借金ではなく、知人の借金のせいで苦しむことになりました。 大学を卒業後、地方公務員として堅実な生活を過ごしてしたのですが、ある時知人から連絡があり、連帯保証人になって欲しいと言われました。 ちょっと悩みましたがお世話になっていた人だったし、絶対に迷惑をかけるようなことはしないだろうと信頼していたので引きうけることにしました。 しかしそれが間違いでした。

1年も経たないうちにその知人は雲隠れ、当然のことながらその借金返済の請求は私のところにきます。 すっかり信用していたので青天の霹靂です。 事業が上手くいかなくて借金返済が苦しくなっても、まずは相談してくれるだろうと思っていたのです。 それが連絡1本もよこさず、雲隠れです。

私は突然500万円もの借金を背負ってしまったことのショックよりも、知人に裏切られたことのショックが大きかったです。 人間不信になり体調を崩してしまい、半年は休職していました。 自己破産という選択肢もありましたが、500万円は返済できない額ではありませんでした。 購入したばかりのマンションも手放したくなかったので、泣く泣く定期預金を解約し借金返済に充てました。 それでも残った借金があったのですが、それは1年で返しています。

本当にお金のトラブルは人間関係を台無しにしてしまいます。 今でもその知人とは連絡が取れないままですが、どうして事前に借金返済の相談をしてくれなかったのかと悔しい気持ちが残っています。 [追記]

地域密着型の金融機関
福岡信金

(経済/政治)
政府 仲裁裁判 判断の受け入れ促す方針
東京都知事選挙が告示 最多21人が立候補
井上尚弥 来春にもロマゴン戦
普天間移設 沖縄県は提訴せず 国は提訴視野に検討か
首相「英のEU離脱交渉の見通しを明確に」
福田元首相 憲法改正急ぐべきでない
9回6点差 球児ら笑顔で大逆転
メタボ健診 受診率48%余 目標の70%と開き
都知事選告示前に共同会見 4人が重点政策を訴え
高知容疑者 使用容疑で再逮捕