過払い金請求を検討しよう

払い過ぎた借金には過払い金請求

過払い金の請求書

もしあなたが、5年以上に渡って借金の返済をしているならば、過払いという状態になっている可能性が高いです。 過払いは一時期大きな問題になったもので、以前に存在したグレーゾーン金利というものに大きく関係しています。

法整備によって、グレーゾーン金利が認められなくなり、さらにこれまで支払ったグレーゾーン金利の返還を求めることができるようになったのです。 貸金業界を大きく揺るがす問題にもなっていて、かなり多くの人が返還請求をできる対象になっているのです。

そして、この過払いという状況かどうかを判断するひとつの目安として考えられるのが、5年以上の支払いというのがポイントになってきます。 すでに借金を返済し終えている人もいることから、過払いにもかかわらずに放置してそのまま時効を迎えてしまうということも多々あるのです。

ちなみに、過払い金の返還請求には時効があって、10年経ってしまうと請求ができなくなってしまうので、少しでも可能性があるのならば、自分が過払いかどうなのかをしっかりと調べてみてください。

法律事務所に依頼した方がスピーディー

実際の過払い金請求についてですが、専門家に頼って請求を行う方法と、個人で請求を行う方法があります。 個人で請求を行い返還してもらうことができれば、余計な費用を使わず支払いすぎた分を返還してもらうことができますが、悲しいことに個人で行う返還請求を軽視する動きがあるのも事実で、各種取引を全て自分で行わなければならないので、かなりの手間がかかることもあるのです。

反面、専門家に頼る方法の場合は、過払い問題に精通した弁護士などに依頼することで、迅速かつスピーディーに請求を行うことができるのです。 正しい方法によって、請求を進めていけば回収できる可能性は決して低くないので、本格的な返還請求をするなら専門家へ依頼するのが無難ではないでしょうか。

まずは、自分が過払いをしているのかをしっかり把握する必要があるので、法律事務所のホームページにある情報を頼りに調べてみてはいかがでしょう。

(経済/政治)
豪雨で決壊のため池 専門家が調査 福岡・朝倉
豪雨被害 孤立解消で住民から安どの声 福岡 東峰村
各地で厳しい暑さ 北海道は猛暑に
宮内庁 眞子さまの婚約内定発表を延期 豪雨災害で
河川の流木や土砂の現状 国と県が合同調査 福岡 朝倉
水俣病補償訴訟 最高裁で弁論 2審判決見直しの可能性も
西日本中心に激しい雷雨のおそれ 土砂災害に警戒