過払い金請求を成功させた方の体験談

買い物依存症で作った借金の過払い金請求(30代女性)

買物をしている人

過払い金請求をしようか迷っている人は、本当に返還請求を依頼したからといって戻ってくるのだろうか、このような気持ちがあるのではないでしょうか。

このような方は、実際に過払い金の返還請求を成功させた方々の体験を確認することによって、より信憑性を持って依頼することができます。

今回、ケーススタディとして確認するのは、過払い金の返還請求を成功させた、ある30代女性のお話です。 彼女は買い物依存症ということで、非常に借金苦に陥ってしまいやすいタイプの一人だといえるでしょう。

それだけに多くの人が反面教師として利用できる体験になりますので、自分の状況に当てはめて確認してみてください。 大きな借金を抱えてしまう前にも依存症の傾向はあったものの、現金を使っての支払いに留めていたため、それほど大きな問題になることはありませんでした。 しかし、時代の進化と共に、サービスの利便性も向上し、お金を借りるという感覚を忘れてしまうくらい気軽にキャッシングなどができるようになってしまいました。

自分をコントロールしてこれらのサービスを扱えるならば問題ありませんが、以前より買い物依存症の傾向があった彼女の浪費癖に拍車をかけるかたちになってしまい、気づいた時には170万円という膨大な借金となっていたのです。

そんな時に、ニュースで過払い金問題が大きく取り上げられているのを発見し、弁護士に依頼して返還請求を行えば高い確率で返還してもらえるということを知りました。

そして、いざ相談してみることで返済期間が長期間に渡ったということで、やはり過払い状態となっていたのです。 結果的には、80万円の還付金を受け取ることに成功していて、そのうち20万円を諸経費として省き、計60万円が手元に戻ってきたのです。

また、印象的なのが驚くほどスピーディーに進んでいったということで、彼女自身に難しい判断は一切なく、司法書士からの同意確認に返事をする程度で、坦々と進んでいったそうなのです。

(経済/政治)
東北の停電(午後6時)
岩手 岩泉町で1人の遺体 川の水に流されたか
岩手 釜石の甲子川 氾濫危険水位超える
鹿島臨海鉄道 30日は始発から運行見合わせ
西日本で激しい雨 土砂災害や浸水などに警戒を
専門家「対岸はね返った水で被害か」
本州と北海道など結ぶフェリー・客船 欠航相次ぐ
高潮に警戒を 東北地方の満潮時刻は
北海道 大樹町の川で発見の遺体 身元判明
台風12号 政府が情報連絡室を設置