競売よりは任意売却を活用しよう

借金返済のための自宅処分は任意売却がお勧め

マイホーム

借金には色々な種類があって、人が一生の中でする最も大きな借金は、多くの人が住宅ローンではないでしょうか。 住宅ローンは、非常に大きなお金を借りることになりますので、何らかのトラブルなどによってその支払いが滞ってしまう可能性もあります。

そのような場合に知識として役立つのが、競売か任意売却かというものです。 住宅ローンを支払えなくなった場合には、物件を手放すことになるのですが、基本的に買った当時のままの値段で売れることはありません。

そのため、どれだけ高く物件を売れるかというのは借金を返済する上で非常に大きなポイントになり、その分岐点のひとつであるのが競売を使うのか、任意売却を使うのかというものです。

それぞれのメリット・デメリットを比較しよう

裁判所が行う競売は、確実性という意味では非常に高いものを持っていて、裁判所に任せて売却を行うものなので、確実に売れるという強みはあります。 しかし、競売には様々なデメリットがあるのも事実で、任意売却に比べて売却価格が安くなりますし、売却までの時間が長くもなります。

加えて、予納金というお金も必要になってきますので、可能ならば任意売却で処理をしたいものです。 次に任意売却の特徴についてですが、売却価格が競売よりも大きくなる、これは非常に大きなメリットです。

また、物件を手放すことになる場合には、周囲への影響も気になるところですが、競売の場合は告知されてしまいますので、近隣住民に知られてしまう可能性が高くなります。

任意売却はそのようなことがなく、交渉力があれば売却期間についても柔軟に設定することができますので、自由度も高いといえるでしょう。 しかし、任意売却の最大の欠点は、債権者との交渉の難しさで、これを知識のない素人が一人で行うのには骨が折れます。

そのため、専門家への相談が前提になってくる、これも任意売却の特徴として把握しておきたいところです。 このように競売に比べて、任意売却にはメリットが多いので、積極的に活用しましょう。

(経済/政治)
参拝早いほど御利益に「朝観音」
舛添知事 辞職願提出 再開した本会議で正式決定へ
舛添知事 退職金約2200万円が支払われる予定
安倍内閣「支持する」47% 「支持しない」34%
放課後 外国人の子どもに日本語教える活動 群馬
日曜討論 与野党がアベノミクスなどについて議論
都知事選投票日 7月31日か8月7日で調整か
首相 米などと連携し拉致問題解決に全力
政府 感染症対策などでアフリカ支援拡充へ
さいたま市 「潜在保育士」の再就職支援へ貸し付け